肌老化の原因は7割が紫外線!?

紫外線画像

ブームは繰り返すという事で最近はお肌の色もファッションの一部になっており小麦肌を目指してわざと黒肌に焼いている女性が沢山います。確かに焼くと引き締まって細く見えて夏の洋服にも映えますよね。

ただ第一次ブーム世代の方の話を聞くと
「なんであんなに無防備に焼いてしまったんだろう」
「30代に差し掛かったあたりからシミやソバカスが激増してしまってどうしようもない」
など後悔の声がとても多いのが事実です。

実際私も30歳になったばかりですが、10代の頃に海や日焼けサロンで焼いていた子達は体も顔もシミが沢山あります。ちょうど結婚して出産する人も多い年代ですので妊娠を機にそのシミそばかすが激増してしまった人もいます。

同じ年代でもシミやそばかすがあると老けて見えてしまうんだと年齢と共に実感していくのです。30代の今でさえだんだん差が出ているのに50歳頃になったときに如実に差が出るそうです。

皮膚の老化は加齢よりも光老化のほうが要因が大きいと近年の研究でわかってきており、肌の老化の70~80%が紫外線が原因と言われていて1年中の紫外線対策は皮膚の老化に対して必須条件です。紫外線によるお肌へのダメージは私たちが思っているよりも遙かに甚大なのです。夏だけではなく秋も冬もしっかり日焼け止めを塗るのが基本です。

もしうっかり焼けてしまったという場合はその後1週間はやりすぎなくらいにお肌を保湿しましょう。火照りを冷まさないでそのままにしておくと乾燥しメラニン色素が激増して肌も必要以上に黒くなってしまうしそのままシミになりかねません。安いものでいいのでしっかりシートマスクなどで保湿をして日焼けによる乾燥を防げばダメージは最大限に抑えられます。

そして紫外線を浴びたことによって発生する活性酸素を除去するにはポリフェノールやリコピンなどをしっかり摂取してください。トマトやスイカは食べる日焼け止めと呼ばれるほど抗酸化作用のある食べ物ですので 意識して多めに摂取する事をおすすめします。肌老化を防ぐために毎日の紫外線ケアを怠らないようにしましょう。

 

 

 

 

身体の内側から綺麗を作ろう!

わたしはしっかり栄養も取っており、睡眠も人並みに取っているにも関わらず、絶えずニキビが出来てしまっていました。スキンケアもきちんと行い、様々な商品を試しましたが、赤くポツッと出来ると気になって仕方がありませんでした。

突然ですが、人は様々なものが遺伝と紐づけられます。わたしは、特に高い商品を使っている訳ではないのですが、髪の毛は綺麗なストレートでよく人から褒めていただきます。「高いシャンプーを使っているのではないの?」と聞かれる事が多いのですが、どこにでも売っていて薬局やスーパーでも買えてしまうようなシャンプーです。

それと同じように、特にブランドの化粧品でケアしている訳ではない方がつるつるたまご肌で綺麗、という場合もあります。そのため、どれだけ良い商品でケアしていても自身の肌質に合っていなければ意味がなく、肌質に合えば安くで買える化粧品でも問題ないのです。そして、そんな肌質にどれが合う、というものは人それぞれ試してみなければ分からないのです。

では、どうすれば良いのでしょうか。まず、上記でも述べたように、ニキビの要因はスキンケアといった外のケアだけではいけません。食事や睡眠も、原因になる可能性が十分にあります。外のケアが行き届かない理由として、しっかり肌に栄養が回っていないと考えられます。そのため、外のケアが自身に合っているか不安という場合・もしくはしっかりケアしているのに一向に良くならないといった場合、出来る限り中から綺麗にしていく必要が最善だとわたしは考えます。つまり、サプリメントや薬などを利用するのです。

安全なのは病院に行って薬を処方してもらう事です。しかし、病院で案内されるもの以上に美容に関する商品は沢山あります。そのため、病院にはわざわざ行きたくない・行く時間がない人でしたら、様々な宣伝ページや雑誌の広告などの初回キャンペーンなどを利用して、タダで・もしくは安くでサプリメントや薬を試していくのです。飲んでみてすぐ効果が出たもの・出なかったものによって、どういうものが自身に合うのかを色々利用してみるのです。わたしは現在口コミで好評化だった漢方を利用しています。

化粧品を変えず、ニキビはスッと消えてくれました。味は漢方なのでおいしいものではないですが、肌が元気になっただけでなく体調自体も良くなったように思われます。美容に対するケアとなった際、外から出来るケアばかりを気にしがちですが、しっかり中からのケアもしてあげる事で、思っていた効果以上に別の所も綺麗になった…といった事もあるのでオススメです。

サプリメント画像